ごはんの歴史

 日本人にとって非常に身近な白いごはんとおにぎりであるが、昨今では主食としてパンやバスタが手軽に食せる時代になり、
 和食以外の食卓の家庭も増えたのではないでしょうか。   

 日本人と日本国を支えてきた米は、近年も生産量は生産技術の向上によって毎年増え続けているものの、
 米の消費量は反比例して年々減り続けているといいます。

 米食推進運動も行われているようですが一般家庭にまで浸透しているわけでもなく、
 毎朝白米を食べる家庭は急速に減ってしまったようです。

 米に含まれるギャバに抗ストレス効果があるといいますので、今日のストレス社会の一因として米の消費量の低下も関係しているのかもしれません。

 健康を意識して、「食」の見直しの第一歩として、主食である米こそ、見直されるべきであり、その歴史を一緒に紐解いていきましょう。