2016年 社長年頭挨拶

 新年明けましておめでとうございます。

 昨年4月1日に社長に就任して以来この3月で1年になろうとしています。

 大きな事故もなく無事業務を進めてこられたのも一重にみなさまのおかげと感謝しております。
 年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。


 ここ一年ごはんは家で「炊く」ものではなく「買う」ものだという風潮が日増しに強くなってきているのを肌で感じてきました。

 特に少子高齢化が進み、核家族中心の生活スタイルが定着しつつあるこの社会環境において、わが社の担っている仕事の重要性をひしひしと感じております。

 わが社は安全・安心を当たり前のことと踏まえ、その上で限りない美味しさを追求しております。
 お客様の大事な胃袋を預かっているわけですから、多種多様なニーズにお応えできるよう日々精進しております。


          -当たり前のことを当たり前に徹底してやり抜くことが大事-  


 乃ちこれは『凡事徹底』です。

 当たり前のことを当たり前に徹底してやり抜く、要するに当たり前のことを他の人には真似のできないほど一生懸命やるという意味です。

 まさに衛生管理も『凡事徹底』してやり抜くことで品質の向上を図っております。

 パナソニックグループ創業者の松下幸之助氏の評価基準はいたってシンプルで、一つは従業員の挨拶、二つ目は整理整頓、三つ目はトイレの掃除です。この三つをみれば大体その会社の様子が判ると言われています。またこの三つができている会社は間違いなく成長していると言っても過言ではないでしょう。


 お客様の幸せを食から提供できる喜びを日々『凡事徹底』の境地で社員全員心がけてまいります。

 本年も昨年同様ご贔屓の程よろしくお願い申し上げます。

  本年が皆さまと皆様のご家族にとって実り多く、健康で幸せな一年となりますよう心から祈念し、新年の挨拶といたします。






平成28年1月
株式会社神明デリカ代表取締役社長
田中義昭